学費に注意!予備校選びのポイント

学費という面から予備校選びのポイント

予備校 「N予備校」をApp Storeで

こんにちは。
受験生の皆さんは塾に通っていますか。
受験に備え塾や予備校を選びたいけど、どう選んでいいか分からないという人もいるかもしれません。
今回は、主に高卒生の予備校選びの際に重要なポイントとなってくる学費という面からどのように選んでいけばよいかを説明したいと思います。
まず、志望校が明確に決まっていない方は認定試験などを受験してみてください。
認定試験がないところでも、直近の模試の偏差値でどれくらいの成績かが分かれば、自分の取るべき授業・入るべきクラスが分かります。
また、志望校・志望系統が既に決まっている人はホームページやパンフレットなどを見れば自分に合った授業・クラスが分かるでしょう。
以上のことが分かれば、候補の塾の年間の学費を調べてみてください。
医系予備校などを除けば、高卒生クラスで40〜80万円ぐらいが多いのではないでしょうか。
金銭的に余裕がないのであれば仕方ありませんが、ここで単純に安い予備校に飛びつけば安物買いの銭失いになりかねません。
また、割引にしてもらうための様々な方法もあるのでそれも考慮に入れましょう。
まず、大手予備校は成績優秀者制度を設けており、前期・後期でそれぞれ1回ずつ、模試上位者に学費の一部免除を行います。
ただしこれはかなりの好成績者のみなので、おまけ程度に考えておきましょう。

予備校生へ
夏期講習の講座数は

拡散規模です

— しーた (@benkyomotibe) 2019年6月14日

学費という面から予備校選びのポイント : 一部では、入塾試験の成績によって学費の割引を行っています : あらかじめ受験費用も予算に入れておきましょう